自重トレが効かない!?物足りなくなったら[自重+ウェイトベスト]時短トレーニング!

ジジュウ君

自重トレーニング(筋トレ)を続けてるけど、

筋肉痛にならなくなった。

このままでは効果なさそう・・・。

どうしたらいいの?

そんな『どうしたらいいの?』を解決します。

自重トレーニングを始めた頃は、

[ほぼ毎日筋肉痛!]

そんなことが当たり前で、

「痛いのが気持ちいい」

おいっ!Σ( ̄□ ̄;)って、

勘違いされるほど、

筋肉痛といつも一緒でした。

しかし、

自重トレーニングを続けてると

筋肉痛しない日が多くなってきますよね。

 

ジジュウ君
うんうん
この記事を読むと解ること
筋肉痛しない理由
このまま続けていいのか
筋肉痛しない場合の対象方法
物足りないトレーニングに+ウェイトベストその理由!

筋肉痛しない=意味ない?効いてないの?

答えは
「No!」
筋肉痛しないからと言って
意味がない!
効いてない!
ってわけではありません。
簡単に説明します。
筋肉痛は。(筋トレの場合)
筋トレをする
激しいトレーニングで
筋肉が傷つく
傷ついた筋肉を修復する
その過程で炎症が起こり
筋肉痛になる。
大きく強い筋肉に変化する。
このようなサイクルで筋肉痛になります。
ジジュウ君
だから、筋トレ後のプロテイン摂取が効果的なんですね!
トレーニング中の負荷が強いほど
筋肉痛になりやすく
逆に負荷が弱いほど
筋肉痛になりにくいんです。
なので、
筋肉痛にならないのはなぜ?
の答えは、
[その程度の負荷では筋肉痛にならなくなった]
とも言えるのです。
例えば、
駅に向かう道のりに急な登り坂があったら
最初の頃は大変でしょう。
駅を降りてさらに徒歩で長い道のりを歩く
筋肉痛になると思います。
[その道のりに慣れるまでは]
筋肉痛は続くでしょうが、
毎日その道を通ってると次第に
身体が慣れくるので、
筋肉がバワーアップして、
筋肉痛しなくなります。
筋肉痛しない=その負荷に慣れてる
効かない?→実感がないだけで筋肉に効いてはいます。
意味ない?→目的次第ではやり方を変えた方が効果的。
では、どうしたらいいのか?
マンネリ化してきた自重トレに
新たな負荷を掛けてトレーニングしよう!

自重+ウェイトベスト=[効果的時短トレーニング]

自重トレーニングがマンネリ化してきたら、
ウェイトベストを取り入れてみよう!
ウエイトベストとは ベスト型の重りが付いてる服。その重りを調整することもできるので、自分に合った荷重に調整可能なので便利!10kg以上の物を選ぶのをオススメします。(荷重を細かく変えれるものがいいですよ。)
ウェイトベストを着ると
普段のトレーニングが
[自重+ウェイトベスト]の負荷になり
普段の筋トレが強烈に変化します。
重りを調整し、
効果的・時間短縮で効かせるトレーニングが
できるので時間のない方でも
サクッと短時間で、できるのでオススメです。

ウェイトベストを着ると

自重トーニングだけで筋トレを続けるには、
いくつか注意する点があります。
  • 回数(1セット最低15回~30回)
  • インターバル(最大30秒まで)
  • 週に3日以上のトレーニング
  • 日々の追い込み(強)

 

これらを意識し続けなければ、

自重トレーニングの限界(慣れ)に、

到達するのは早いでしょう。

 

しかし、

ウェイトベストを着ると得られることは

 

1セットごとの回数を効果的に減らせる!

[自重+荷重]になるので

これまで出来た回数が出来なくなり

新たな刺激を与える事ができるので、

[しっかり効く!]

いままでのトレーニングと同じ内容でも、

効果的なトレーニングが出来ます。

最高ですよね。

 

しっかり効く!が、実感出来る!

筋肉に対する負荷が強くなるので、

ひとつひとつの動きに筋肉の収縮を感じれます。

限界までが近くなるので

頑張れば頑張るほど、

パンプアップを感じれます。

効いてる部位に対して意識することも

成長にはとても大切なのです。

 

効いてることの安心感!

せっかくトレーニングしても

効いてることが実感できないと

  • 成長してる?
  • このまま続けて大丈夫?

そんなことを考えてしまいがちですね。

ウェイトベストを着ると

効いてる実感を感じれるので

安心してトレーニングに集中できます。

だから

余計なこと考えずに頑張れます!

(↑これ大事ですね!)

 

時間のない日でも少しの時間でトレーニング!

一セットの回数が少なくなるので

限られた時間でも効果的に効かせられるので

「今日は時間がないから~」

とか

「約束があるから~」

なんてことも無くなるし、

継続しやすくなります。

 

ジジュウ君
継続が出来る環境や状況って大切ですね!まさに良いことだらけ。 逆にデメリットはあるの?

 

 

ウェイトベストのデメリット

  • 重すぎる
  • 寝かせて着るのが面倒
  • 重すぎて継続が難しい
  • 肩が痛くなる
  • 買うときのお金が掛かる

人によってはデメリットと感じることですよね。

 

しかし、

重すぎる=荷重を調整。

寝かせて着るのが面倒=慣れたらそれが普通。

重すぎて継続困難=焦らず頑張ろう!!

肩が痛くなる=痛くなる前に辞める。なれるまでの辛抱。

買うときの購入費=買うことのメリットの方が

断然高い!

 

デメリットと言っても

[そのぐらい我慢できる!]

筋トレ好きだったらそう感じる方が

ほとんどじゃないでしょうか。

 

筋トレ好きなんで自分はそんな感じです(;^ω^)

 

トレーニングジムに毎月掛かっている費用

 

少し話がそれますが、

トレーニングジムに通ってるかたも

多くいますよね。

 

トレーニングジムに通うと

身体を鍛える(動かす)目的は人によって違いますが、

同じように体を動かし汗を流している

「仲間」・「ライバル」がいると

テンションも上がり楽しくトレーニング出来ますね。

器具も充実していて、

「効率良く効かしたい部位を鍛える」ことが出来ます。

 

ただ、

トレーニングジムも無料ではありませんよね。

フィットネスジム使用料/政府統計の総合窓口

県庁所在地および人口15万以上の市を

対象としてるようですが、

ジムの使用料として月謝

¥6825~¥12800の月謝が掛かっているのがわかります。

 

 

自重トレーニングは、

自宅で

好きな時に、

好きなだけ、

トレーニングできるのが魅力ですよね。

 

楽しく継続するためにも

ウェイトベストの様に

[一回買ってしまえばずっと使える物]

個人的には

そんなアイテムがひとつくらいあったほうが楽しい。

そんな風に思ってます。

(あくまで個人的にはです。)

 

【自重+ウェイトベスト】はメリットだらけ

 

トレーニングジムもいいけど、

やっぱり自重トレーニング派!( ´∀` )

自重トレに効いてる実感が無くなったら

ウェイトベストを着てみよう。

 

  • 普段のトレーニングの3分の1の時間で済む(時短トレ)
  • 筋肉痛を楽しめる。
  • パンプアップを感じられる。
  • 継続することで筋肥大の可能性アップ。
  • 荷重の調整も可能なので扱いやすい。
  • 購入時の金額以上の効果を得られる。(個人差があります)
  • 基本宅トレなのでジム代が掛からない。

 

自重トレが物足りなくなったらコレ!【ウェイトベスト】おすすめ7選

自重トレが効かない!?物足りなくなったら[自重+ウェイトベスト]時短トレーニング! まとめ

 

自重トレを続けても

効果を実感・体感できないかた向けに

【自重+ウェイトベスト】でトレーニングすることを

紹介してきました。

 

自重トレを極めたら

【ウェイトベスト】

【トレーニングジム】

この二択になってくると思いますが、

圧倒的に

【ウェイトベスト】がコスパがいいです。

 

このまま自重トレにこだわるか

ウェイトベストをプラスして

効率良く時短トレーニングするかは

自分次第ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

このブログを書いている「テーマ」はこちら

CTR IMG