筋トレ モチベーション維持のコツ

こんにちは
「route」です。
岩のプラットフォームに立っている人
本記事は

  • 筋トレを始めてみたい
  • 自重トレしてるけど続かない
  • モチベーションが上がらない

そんな方向けに
筋トレを継続していくことを目的とした内容となっています。

良かったら最後まで読んで下さい。

初心者必見 おすすめの筋トレ頻度

筋トレを始めて最初に疑問に思うのが、筋トレの頻度ですよね。

  • 毎日?
  • 週何回・何日?
  • 1回のトレーニング時間は?

この辺が疑問に思う点ですよね。

始めは週3日で十分です

例えば
月・水・金の様に間隔をおくと良いです。
なぜかと言うと
トレーニングから
48~72時間に筋肉は成長するようになっています。
その時間内に負荷を掛け続けると効率良くトレーニングが出来ないので
休むことも大切と言う事です。

初心者必見 おすすめトレーニング時間

初心者の方が間違えやすいのが、
「トレーニングの時間」
どのぐらいトレーニングすればいいかわからずに
とにかく疲れるまで頑張る方が多いと思います。
実際
効率の良いとトレーニング時間は、
一回のトレーニングで
20~30分(部位別)インターバル含む
最初の内はそのぐらいから始めるといいでしょう。
それ以上のトレーニングする必要もないですし
頑張りすぎても、ケガの原因に繋がったり
そのせいで「トレーニング休止」になりかねませんから。
せっかくのやる気が台無しですね。

トレーニング モチベーションの変化

筋トレをしてると

  • 何のためにやってるかわからなくなる
  • 筋肉痛・関節が痛い
  • 時間がなく続かない
  • キツイからやりたくない
  • ケガや痛みが原因で回復後やる気がしない
  • 一人ではやる気がしない

などの悩みや
うまく行かない事による
ストレス・モチベーションの低下
などの問題に直面することがあります。
その為
トレーニングにも一工夫加えることが
継続するポイントです。

水に人の足

継続できるトレーニング方法

心が折れる要因の一つに
キツイ・関節が痛い
が大きくあると思います。
そのせいで
続けるのが苦しくなり
一人ではモチベーション維持不可
時間を作れなくなったり・・・。
そうならないために。

効率の良いトレーニング方法をおススメします

その方法は
連続して同じ部位を鍛えない
例えば
腕トレ(月曜日)
胸トレ(水曜日)
腹筋(金曜日)
など曜日を決めて継続することがおすすめです。

他には
集中して鍛える日を決める
例えば
月曜日軽めトレ
水曜日強めトレ
金曜日軽めトレ

このように
強弱を付けて
体を休ませることで
心のバランスとケガの防止をすることができます。
「継続することに意味がある」
コツコツと継続して行くことが大切ですね。

成果が出るまで頑張ろう

筋トレをして
筋肉痛になったからと言って
直ぐに効果が出るとは限りません。
トレーニング方法など個人差もありますが
2~3か月位継続していければ確実に
目に見えて効果がでますので
焦らずにコツコツ継続して行きましょう!
逆に言うと
2~3か月後には
今と違う自分の身体になる事間違いないので
先ず継続することを心がけて頑張っていきましょう。
鏡の前で未来の自分を想像して頑張りましょう。

緑の山々にジャンプ女性
ギガ制限からの解放↓

↑動画も見放題
【ギガWi-Fi】

まとめ

初心者の方が
つまずくポイント
トレーニング頻度
トレーニング時間
を解説しました。
せっかく始めた筋トレを
続けて行けば
さらに高みを目指せます。
『継続は力なり』

昼間にココナッツの木の近くに立っている人


↑安くて速い 動画見放題

最後まで読んでくれてありがとう!
↓クリックすると励みになります


ココナラでイラストを発注



ヘルシー冷凍弁当でダイエット

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

このブログを書いている「テーマ」はこちら

CTR IMG