プランシェの練習を倒立バーで効かす!

こんにちは

routeです。

ストリートワークアウトの技

[フルプランシェ]に

憧れて倒立バー欲しい!

と思って

この記事にたどり着いた方もいるかと思います。

だってカッコいぃですよね!

最初見たら

合成かと錯覚しますよね!

僕も憧れてます!

 

倒立バーといえば、

YouTuberで、ストリートワークアウト

日本チャンピオン

2019アジアチャンピオン

世界4位である

[無重力チェンネㇽ]MASATOさんも、

倒立バーを使っての

(プッシュアップバーではなくて

     倒立バーなのがポイント)

トレーニング方法を動画で紹介してるほどなので、

筋力アップに期待が持てる器具ですね!

 

もしかしたら、

MASATOさんの動画から

倒立バー調べできた方もいるかも。

 

倒立バーの魅力はストリートワークアウトの技だけでなく、

普段と同じトレーニングでも倒立バーを使用することで、

負荷を最大限にかけることが出来るものになりますから

持っておきたい器具ですよね。

 

調べてみたら結構高いんですね。

有名なメーカー品だと1万円以上しますね(-_-;)

フリマサイトでも3000円

DIY&筋トレ好きとしては作るしかない!

と思い製作してみました。

 

以外と簡単に作れるので

道具や工具を持ってるのであれば参考にしてみてね。

今回は初心者でも作れる

倒立バーの製作方法を紹介します。

理解しやすいように

画像多めで記事にしてますので

良かったら参考にしてね。

 

プランシェの練習を倒立バーで効かす!必要な道具と資材

  • 必要資材

2×4材×1

丸棒×1

  • 必要道具類

筆記用具

差しがね

木工用ボンド

木工用ビス65mm

木工用キリ(3mm 10mm)

ペーパーヤスリ(250番位か粗め)

ノコギリ(卓上丸鋸)

ボアビット35mm

ドリルドライバーかインパクトドライバー

プランシェの練習を倒立バーで効かす! 資材を切る

  • 2×4材

丸棒35mmをカットします。

  • 2×4材を

150mmでカット×4

  • 丸棒を

300mmでカット×2

ノコギリでもカット出来ますが

画像では卓上丸鋸を使用しています。

2×4材の角は、

45mm幅でカットすると画像のような形になります。

 

 

これで一組分(片腕分)なので画像の物をもう一組作ってね。

 

プランシェの練習を倒立バーで効かす!バリ取り

カットした部分や全体をヤスリで研きます。

 

 

プランシェの練習を倒立バーで効かす!墨出し

イメージはこんな風にしたい。

 

当たり前の事ですが、

真っ直ぐ丸棒を入れたいので

下穴をあけてボアビットで穴をあけます。

接地面から

60mmの所に縦の墨を出します。

続いて横幅が

150mmなのでセンター75mmで墨を出します。

シックスチェンジ

プランシェの練習を倒立バーで効かす! 下穴と穴あけ

墨出しした箇所を下穴をあけます。

下穴をあけることで

芯ずれをふせぎますので

貫通しない程度にあけましょう。

(貫通10mm手前くらいまで)

画像の様にマスキングテープを貼ると

あける深さで止めることが簡単に出来ます。

 

 

貫通しないように注意してマスキングテープを越えないように止める。

 

ボアビットで

下穴をセンターに合わせて

ズレないように注意してあけます。

少しあけたら(7mm位)

画像の様に下穴をあけると作業がスムーズです。

貫通しやすいので

マスキングテープを使うといいですよ。

貫通しないように注意して、

深さ25mmであけます。

何度も確認して図りながらあけましょう。

バリ取りを忘れずに。

しっかり奥まで入るか確認します。

続いて、

丸棒を固定するビスの下穴をあけます。

丸棒側から15mmの所に墨だし。

3mmのキリで下穴をあけます。

ビスを隠す為に

10mmのキリで5mm程度あけます。

ビス止めしたあと

ビスがとび出さないようにします。

バリが出るので

先程同様にバリ取りしましょう。

プランシェの練習を倒立バーで効かす!オイルステインで着色

足部分は着色してクリアを吹きますが、

着色不要の方は

この行程をとばして大丈夫です。

オイルステインは、

染み込みますので

手袋着用こぼれてもいいように、

周りを新聞紙などで養生します。オイルステインを塗った後は、

20~30程乾燥させます。

しっかり乾いたら

もう一度ペーパー掛をして

クリアを吹き付けます。

塗り終わったら

表面を確認し

ザラザラしてたら、

ペーパーで塗装表面が剥げない様に

注意して優しく研いて下さい。

(塗装が剥げたらその部分を塗りなおす)

 

プランシェの練習を倒立バーで効かす! 組み立て

丸棒に

23mmの所に墨出しします。

これは、

25mmの深さの穴にしっかり入ってるか

確認する為です。

 

木工用ボンドをはみ出る位に

たくさん入れます。

丸棒を押し込みます。

グイグイ押し込むような感じでOKです。

入りにくかったら

ゴムハンマーなど用いて

叩くとしっかり入ります。

先ほど出した

23mmの墨が見えなくなるまで

入ると大丈夫です。

 

反対側も同じ要領で押し込みます。

奥まで入ったら、

平らな所で

丸棒部分を握り、

下に押してガタツキがないか確認します。

 

 

 

ガタツキが無ければ

下からビス止めをします。

65mmのコースレッドビスを使用します。

 

この様になるので、

ビスが木材より出てないか確認してください。

木材よりビスが出てると

トレーニング中

床が傷付いたりする原因になります。

続いて

足部分にゴムを張ります。

 

プランシェの練習を倒立バーで効かす!滑り止めのゴムを貼る

ゴムを張る理由は

トレーニング中の滑り止め

床の傷防止です。

 

必要な資材

  • 速乾ボンド(ダイソー)
  • ゴム製の滑り止め(厚み2~3mm程度)
  • マスキングテープ
  • ハサミ・カッターナイフ

 

 

足部分の長さに合わせて

ゴムをカット

(今回は150mm)

足部分全体にゴムで覆わなくても

心配いりません。

 

マスキングテープで

必ず養生しましょう!

余計なところに

ボンドが付くと

・トレーニング中の汚れ

・付着したボンドの除去に時間が掛かる

デメリットしかありませんので(;^_^A

 

このボンドは

接着したい部分に(両面に)

ボンドを塗り

一度乾燥させる必要があります。

乾燥時間は

おおよそ

5分ほど(室温にもよります)

 

乾燥後

張り合わせます。

 

張り合わせたら

ボンドが張り合わさるのが

わかると思います。

完全に接着するまで

重しを載せてしばらく

休憩しましょう。

 

時間経過したら

ゴム部分を触って確認してください。

剥がれなかったらOK!

プランシェの練習を倒立バーで効かす! 完成

お疲れ様です!!!!

完成です(^-^;

 

 

触ってみて下さい!

しっかりしてて

握りやすいですよね!(^^)!

 

 

全長

320mm!

 

丸棒センターが

60mmほどの高さ!

 

 

自分で製作すると苦労した分

大切にしますよね!(^^)v




プランシェの練習を倒立バーで効かす! まとめ

上手く作れましたか?

買うと結構高い倒立バーですが

自分で作ることで値段も安く抑えられるし

大きさや形も

自分好みに製作できます。

製作過程で

傷や塗装剥げの修正が出来るのも

木工品のいいところですね。

初心者でもケガに注意して、

手順通りに進めば

決して難しくないと思います。

(そのために画像を増やしてます)

 

最後まで読んでくれて

ありがとう!

 

これで

目標である

ストリートワークアウト技

「フルプランシェ」

習得まで頑張れます!

 

 

日本メーカーなのでオススメ!

入門用にいかがでしょうか。

バッテリーも2個付いてます!

USBも繋げますので

使い方色々ですね。

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

このブログを書いている「テーマ」はこちら

CTR IMG